看護師に憧れた理由について

看護師に憧れた理由について

看護師に憧れた理由はケガや病気の人の診療補助をする人助けの仕事のためです。それに採血や点滴の施行、応急処置など一般の人にはできないことが看護師にはできる専門性にも憧れます。そんな専門性がある職種なため看護師は国家資格として認められているのだと思います。
看護師15
看護師は専門職のため結婚後も同じ仕事が続けられるし、保育所完備の病院も多くあるため常勤で働くこともできます。看護師は需要のある職業なため、年代や経験を問わずどこへ行っても就職に困らないのも安心できると思います。

 

昔は女性の専門職というイメージでしたが、今は男性でも看護師を目指す人が増えてきているため人気が高まってきている職業だと思います。病院でも男性看護師の姿は珍しくなくなってきています。

 

世間では看護師は大変だとか言う方もいますが、それは「大変」なのでなく、専門性の高さからの「責任感」ではないかと思います。人の生命を守る職業になるため責任感がないとつとまりませんし、人の身体や命を大切にできないと思います。大変と思うことは生命に対する責任感で看護師にとってそれは当たり前な信念だと思います。人の身体を守る信念がなければ、その責任感に疑問を感じるのであれば看護師になる資格はないと思っています。
看護師14
身体を守る責任感が湧き出る看護師の職業に憧れを抱く人も少なくないと思います。入院中に本人、又は家族が看護師にお世話になった経験から看護師を目指す人も多いと思います。それだけ看護師の職業は人の心を惹きつけるものがあるのだと思います。

 

私は看護師ではありませんが看護師と同じ白衣を着て仕事をしています。白衣を着ると看護師になった気分になり気持ちが引き締まります。それと同時に白衣を着て仕事をしている看護師はカッコいいなと思います。その姿はまるで人の生命を支える戦士にさえ見えてきます。